昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

京都市の昭和レトロな銭湯  新シ湯

   


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

京都市の平安神宮のイベントの帰りに京阪三条駅までの間にある新シ湯へ

京阪三条駅に行くには少し遠回りになるけど平安神宮から白川沿いに歩いて

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

少し狭い道沿いに見えてきた、

昭和レトロな看板には大きなゆという文字にサウナ、ジェット風呂

スポンサード リンク

くすり湯、電気風呂、水風呂とたくさん取り揃えているようだ

大きな外観、新シ湯と書かれシンシユでは無くアタラシユと読むらしい

住所 京都市東山区古門前通大和大路東入3丁目古西町316

電話番号 075-561-4210

営業時間 14:30~24:30 定休日 金曜

京都府内銭湯入浴料金

大人 (12歳以上) 450円 中人 (小学生) 150円 小人 (6歳未満) 60円

京都府内の銭湯はすべて同一料金 ※ スーパー銭湯は除く

自動ドアを開けるとびっくりするのが

すぐに突き当りが、白いマットがあり入り口は左よりとの手書き案内がある

横には下駄箱

よく見ると

スポンサード リンク

下駄箱の鍵木のデザインが変わっている

一つ一つ形が違うようだ

何やら狭い廊下を歩いて、一応フロントロビー式、この奥は休憩室になっている

脱衣場もそう広くない、横長で奥行きのある脱衣箱は20個くらいしかなく

反対側の脱衣箱は常連用なのか名前が書かれていた

脱衣カゴもあり、これも鍵の要らない常連用なのか

仕切りの壁は木で古い体重計もあって昭和レトロで

とても懐かしい気分にさせてくれる

休憩用の長椅子も昭和レトロだ

中央にある今は繋がれてないコインボックスのコイン投入口が

昔の輪っかのような形で懐かしい電話用だったのかな?

ドライヤーは別にあるし

さて浴場も立派な外観にしては広くない

湯船も楕円長方形が2つで片方は深風呂腰掛けジェット風呂

片方の楕円長方形は倍程大きく

浅風呂の中に壁に沿って電気風呂、気泡風呂、ジェット風呂と並んでいる

深風呂は2人で一杯、浅風呂も4人で一杯程のスペースしかない

洗い場は多いし中央のスペースはあるのだが湯船が小さいようだ

奥には無料のサウナ、その前に水風呂これが1番大きい

意外にゆっくり入れたのが1人用だが入口横の気泡のくすり湯

紫色で奥まったスペースにあるせいか孤独に入れる

まあ小さいという湯船も楕円でデザインとしては御洒落だし

浴場も綺麗で必要なものは揃っている

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 京都