Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

大阪市城東区 昭和レトロな銭湯 昌の湯 タイムスリップな空間

   


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

大阪市城東区の昌の湯へ

ちょっと奥まった住宅街にある

住所:大阪府大阪市城東区東中浜2-5-6 
電話:06-6961-4676

時間:15:30~24:00
定休日 火曜日
大人(中学生以上)440円
中人(小学生)  150円
小人(乳幼児)   60円

スポンサード リンク

屋号が出ていないし玄関のテントもボロボロだが一応営業中

暖簾を潜ると東大阪市の布施温泉で見たレトロな傘入れがあった

番台式で脱衣場に入った途端思いっきりタイムスリップしたような空間

脱衣箱の蓋には数字が書かれ奥にある暖房機などまさに時が止まったよう

スポンサード リンク

奥の暖房機の横には年代物のモーリスギターや

金の120クラウンのシガーケースがあった

体重計や身長計もかなりの年代物、店舗の広告看板の絵も昭和レトロ

浴場の入口にはタイル装飾のアーチがかかる

そして浴場へ、あれ外観は横長に見えたのでもっと広いかと思ったが

深風呂と浅風呂の2層のみのシンプルな浴場、入り口左に水のかけ湯がある

まさに自分が子供の頃行ってた銭湯がこんな感じだった

だがそれでも家に銭湯が無かった昭和40年代50年代前半までは

こんな銭湯でも人で一杯で近所の人々皆の社交場だった

奥の洗い場は一体の石でややお洒落に感じる

床は石畳だがわざとなのか地盤沈下なのかかなり歪んでいるので歩きにくい

奥壁には松の木から見える夕暮れの海のタイル絵

天井は青い塗装が剥がれ塗料が落ちそうなので

神経質な人は天井が気になるかもしれないが

風呂自体は壁も綺麗で全体的に綺麗だ

錆びた煙突でうっすらと昌の湯という文字が見えた

横長に見えたがこの部分は銭湯の敷地では無かった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市城東区