昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

大阪市生野区の昭和レトロな銭湯 生野温泉

   


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

大阪市生野区にある昭和レトロな銭湯 生野温泉へ

少し大きめの通りと狭い道が斜めに交差する角に立っている

【住所】 大阪市生野区勝山南1-21-12
【TEL】 06-6717-5907
【営業時間】 14:00~0:00
【休業日】 不定休

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

外観は飾り気のないすっきりした外観だが

スポンサード リンク

昭和レトロな看板にはサウナ、水風呂、腰掛、寝風呂、ジェットバス、

薬風呂、電気風呂とたくさん書いてある

暖簾を潜ると大きなガラス戸の正面にオーナーが座るフロント・ロビー式

スポンサード リンク

右側にある休憩室は広く大きな岩の置物が置かれていた

脱衣場はほぼ正方形でかなり広い、特に中央は

窓からは結構大きい庭園が見える

浴場入り口のガラス面も大きく明るい

入った瞬間は大きな深風呂と浅風呂だけに見えたが

左がに隠し部屋のように長方形のやや大きな薬風呂の電気風呂

その横に2連ジェトの腰掛け風呂、その横に2連の気泡の寝風呂

そして円形にくり抜かれたエステバス、横には大きめの水風呂

奥にサウナがあり中は6畳程と結構大きな無料のサウナがある

サウナはやや劣化していてやや神経質な人は嫌かも・・・

まあ広いので閉塞感はないメインの深浅のお風呂はかなり広く感じる

洗い場は黄色いラインが塗られていて色鮮やかで

鏡も少し劣化しているが楕円形で洒落ている

電灯も壁に大きな丸い蛍光灯で全体的におしゃれな銭湯だ

全体的には劣化している銭湯だがよほど神経質で無い限り気にならないし

この豊富な浴室は充分楽しめる

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市生野区