昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

大阪市東成区の銭湯 余喜温泉

   


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

大阪市東成区の深江南にある銭湯 余喜温泉へ

今里ロータリーを布施に向かう大通りを東へ行って

少し北へ入った道沿いにある

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

住所:大阪府大阪市東成区深江南3-17-25
電話:06-6971-6074

スポンサード リンク

・営業時間:16:00~24:00
・定休日 毎週金曜日
・入浴料金:/銭湯
大人(中学生以上) 440円
中人(小学生)   150円
小人(幼稚園児以下)60円

看板の中温風呂がやや気になる

お風呂屋の証、暖簾は無く扉が開けっ放し

スポンサード リンク

上部のガラスに描かれた絵がオシャレだ

これは脱衣場の女湯との仕切りの上にもあり山や海、

船頭などが書かれたガラス絵の中に蛍光灯が入っているので光る

番台式で女湯は番台からのれんが掛かっていた

脱衣場は広い、そこから浴場の入口は透明なガラス扉なので

浴場が見えるが え?こんな狭いの?って感じた

脱衣場が広いので浴場はそれより少し大きいくらい

まあドーム型の屋根でそう狭くは感じ無い

浴室は手前から電気風呂、気泡風呂、ジェット2連

3つのライオンの口から勢いよく湯が出てくる

中温風呂が主浴槽のようだ奥に無料のサウナ

変わってるのは洗い場側の奥に銭湯としてはかなり大きな水風呂

正方形で10人は入れそう

サウナはL字型の奥行の広い椅子になっている

ただスモークガラス戸が重く少ししか開かないので

やや小太りな自分がやっと通れるくらいだったので

やや太めの人は入場が難しいかも(^_^;)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市東成区