昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

大阪市生野区の昭和な銭湯、桃谷温泉は昭和な飲み屋街の桃谷温泉通り商店街にある 

      2018/08/17


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

大阪市生野区の桃谷温泉へ

JR大阪環状線桃谷駅の大きな商店街に入りすぐ路地を入ると

桃谷温泉通商店街という通りがある

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

まるで有名温泉街のような名前で観光地に来たような気分になるが

スポンサード リンク

ここは大阪市内のど真ん中

その通りを少し行くと右手に見える

桃谷温泉

〒544-0033 大阪府大阪市生野区勝山北1−1−8
営業時間 · 15時00分~0時00分
電話: 06-6717-5701

前の通りは狭い飲み屋街、もちろん天然温泉ではなく単なる銭湯だ

ジャグジー、露天風呂、打たせ、フィットネスバス

水風呂、サウナ、と明るい看板があり、端にはザ健康入浴

昔ながらの銭湯だが明るい外観だ

中はロビー式で休憩所も広い

440円を払って脱衣場へ

スポンサード リンク

なぜか右端は大きく斜めに切られている

特に脱衣場の広さの恩恵も無いのだが

ただこの銭湯この斜線がいろいろ取り入れているような感じだ

浴場は白い綺麗なタイルで明るいし天井も高い

斜めに切られた入り口のせいで手前の浴槽は船の先端のように三角になっていて

横の電気風呂がいびつで狭い

その横のジェットイスは四角い風呂で端にはフィットネスバス

その横は大きな水風呂で奥にはカーテンがありうたせがある

まさかここにあるってことは水?スイッチを押して出してみると

勢い良く出て来たがやっぱり水(^_^;)、夏はいいけど冬は辛いな・・

水風呂の横はスチームサウナ、イスの端に腹筋するようなバーがあった

そして奥に有料のサウナと露天風呂があり

どちらもなぜか斜角になっていて

そのせいで露天風呂は三角形になっていて塩風呂と書いてあった

露天風呂も天井は高く上の仕切りは斜角になっている

全体的に有名デザイナーが設計したのではと思わせる作りだ

露天風呂にはなぜか1つ洗い場がありぶら下がり用として

バーがあった

広く感じる作りでゆったり長い時間入れた

風呂上がりは短いけどネオンがきらめく飲み屋街なので

さらに一杯引っ掛けて・・の気分になりそう

駅もすぐ近くだし(^o^)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市生野区