昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

大阪市平野区の昭和レトロな銭湯 たちばな温泉

   


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

大阪市平野区の加美駅付近には2件の昭和な銭湯があり

蓬莱温泉とたちばな温泉どちらも見て

より昭和レトロな銭湯に見えたたちばな温泉の方へ

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

裏から見る煙突からの煙

スポンサード リンク

蓬莱温泉は商店街にあるがたちばな温泉は

JR大和路線 加美駅の裏側のやや寂しい住宅街にある

かなり古い建物で昭和レトロな銭湯だ

所在地: 〒547-0002 大阪府大阪市平野区加美東5丁目8−28
電話: 06-6792-3017

・営業時間:15:00~24:00
・定休日 第2、4土曜日
・入浴料金:/銭湯
  大人(中学生以上)440円
  中人(小学生)  150円
  小人(乳幼児)   60円

サウナという赤い文字が屋号より大きくてよく目に入る

スポンサード リンク

番台式だ

玄関口の昭和レトロな照明、中の照明もこれだった

脱衣場は結構広いし、浴場もこじんまりした銭湯かと思いきや

意外に奥行きがあり広い

入り口を入るとまずは銭湯には珍しい大きな半円のかけ湯場がある

男女の仕切りは1メートル辺りから四角い磨りガラスがはめ込まれていて

明るい雰囲気でたまにカラフルな色が付いている

メインの深風呂は熱い、そして浅風呂と2連ジェット風呂と

電気風呂が四角く3つに仕切らえている縁は石の色

奥に有料の100円のサウナと水風呂と特に凝った物は無いけど

浴場の入口も全面ガラスで明るく広々として入れるし

外観の古びたイメージと違って浴場は綺麗だ

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市平野区