Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

大阪市の繁華街の中の昭和な銭湯、あかし湯 大阪市中央区

      2018/08/14


大阪市中央区の道頓堀を自転車で走っていると

スマホのマップにあかし湯というのが現れたので

そこを目指して行くこんな大阪市の都会のど真ん中に銭湯が

まだ生き残っているのか半信半疑だったが

一方通行の狭い道に見えた

あかし湯

〒542-0083 大阪府大阪市中央区 東心斎橋2丁目2−17

営業時間  PM12:00~AM3:30
電話:  06-6211-7464

定休日 毎週日曜日

スポンサード リンク

地下鉄千日前線・堺筋線日本橋駅(徒歩5分)
地下鉄鶴見緑地線・堺筋線長堀橋駅(徒歩5分)

の好立地で大通りの堺筋を入ったまさに繁華街の中にあった

こんな場所に昔ながらの銭湯が生き残っていた

ビルの1階にあるがこのビル自体もかなり古そうだ

サウナが併設されているのでそれが生き残っていられる要因かな

サウナは隣の別入口にある

看板も昭和レトロな感じ

サウナ入浴は1000円、本格のもみやマッサージ

ハリ、キュウ、整体はカイロプラクティックの整体療法

スポンサード リンク

ラドン浴もあるようだ、ここも昭和っぽい雰囲気なので入りたかったが

今日は休みみたいで残念ながら閉まっている

そして銭湯の方へ

券売機で買うシステムで440円

番台式で券を渡して、脱衣場は広くないが綺麗だ

真ん中には木のテーブルが置かれて休憩出来るようになっている

そして浴場へ

広くはないが狭い天井と照明のせいか地下の風呂に入っているみたいだ

が真ん中の丸い柱がクリスタルに輝いているのでやや豪華な感じがする

入って左側が洗い場で右側が長方形に5つの浴室が並んでいる

奥から水風呂・電気風呂・ジェット座り風呂・泡の寝風呂・深風呂・浅い遠赤外風呂

そして奥の中2階に階段を上がって左が200円の有料サウナで

右側が売りの光明石風呂、天然の鉱石「光明石」を使用したラドン風呂になっている

天井のガラス板にはその説明文が詳しくラドンについて書かれている

天然の鉱石は岡山県岡山県の阿部鉱山より採掘された天然鉱石で

やわらかい湯ざわりと湯冷めしにくいぽかぽか感が楽しめるという

脱衣場にも古い新聞切り抜き記事が貼ってあって浴槽に入れると温泉効果があって

全国399の施設のホテルや健康ランドまた巨人軍の選手寮へも書かれていた

隣にはコインランドリーも併設されていた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市中央区