Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

昭和な銭湯 大阪市生野区鶴亀温泉は素肌美人、軟水の湯の町のおふろやさん

      2018/08/14


大阪市生野区の今も生き残る銭湯、鶴亀温泉へ

所在地: 〒544-0032 大阪府大阪市生野区中川西2丁目25
営業時間・15:00~24:00
料金・大人410円・小学生130円・幼児60円
不定休
電話: 06-6712-6413

住宅街の一方通行の狭い道沿いにあり

改装されたのか綺麗で明るい外観だ

町のおふろやさんとテントに書いてある

お肌つるつる保湿効果の軟水の湯みたい

健康薬用ぶろは今日は福寿効

スポンサード リンク

入り口はなんと自動ドアだ

スポンサード リンク

番台式で料金を払い

脱衣場は真ん中にテーブルと漫画本の棚があり

壁側の脱衣場の横にも週刊少年サンデー、ジャンプがあって

湯上り後は自分も少し読みふけってしまった

浴場に入ると右側の壁に特に書いてはいないが

ステンレスのバーがあり

その下の床には埋め込まれたステンレスの半円形のバーがあり

多分青竹踏みで足裏マッサージが出来るようになっている

湯は店の看板にもあったような素肌美人 軟水の湯

L字型の浴室に手前に深風呂、浅風呂の中にジェットの2連風呂

その横の奥側に電気風呂、手前の横に薬湯風呂で漢方薬入の用な色だった

奥にサウナがあり、ここは無料のようだ

その横に水風呂がある

入り口の屋根は扇形になっているし屋根全体も天井が高く扇形で

全体的に綺麗な浴室で浴室自体は凝ったものはないがこれなら

最近の綺麗なスーパー銭湯しか入った事のない人でも

充分満足できる

冷蔵庫にはバヤリースオレンジの銭湯ドリンクが美味しそうだった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市生野区