昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

昭和な銭湯 大阪市大正区

大阪市大正区 大正湯 昭和レトロな銭湯 2階は展望休憩室があった?

投稿日:2017年12月18日 更新日:


大阪市大正区の銭湯 大正湯

JR大正駅、大阪市営地下鉄大正駅から大正通りを43号線に向けて歩いて行く

大正病院の前の通りを入ってしばらく行くと公園がありその先にある

〒551-0031 大阪府大阪市大正区泉尾1丁目30−11

スポンサード リンク

電話: 06-6552-4819

【営業時間】15:00~23:00
(日曜日:06:00~23:00)
【定休日】月曜日

2階部分も変わった形だ、

ひょっとしたら昔は道後温泉みたいに展望休憩室だったのかな?

番台式だ

脱衣場に入るとまさにタイムスリップ

名前の通り昭和ってよりも大正ロマンの雰囲気

天井は昔ながらの木作りで壁の高窓もガラス戸とふすまの戸

木のベンチにテーブルの横には火鉢のような物があり

中にはブリキの洗面器があり灰皿代わりに使われている

スポンサード リンク

女風呂との仕切りの奥には大きな古時計があり中央付近には丸い珠の物体

その前の仕切りは低いので背の高い人は向こうが覗けそうだ(^_^;)

脱衣場に2つの洗面台があるが2つの丸い流し台がありこれも古いが

今見るとレトロでオシャレに見える

番台の前の脱衣場の上には金魚の水槽があって金魚が泳いでいて

庭園の池には大きな鯉が数匹泳いでいる

そして浴場、まずは深風呂、奥に浅風呂、ジェットが2つ出ていて

1/3は底上げされ座れるようになっていて角には扇形に湯が湧き出ている

1番奥には四角にくり抜かれた電気風呂

仕切りの壁にはちぎり絵のように巨大なピカソのような女性?が

入口の左横には久米島深層水の塩風呂がある

床には長方形の石畳があり凝っていた

正面入口は壁があって両端から入場する

近くには大きな商店街ある

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

-昭和な銭湯 大阪市大正区

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした




This error message is only visible to WordPress admins

Error: The account for syouwaretoro80 needs to be reconnected.
Due to recent Instagram platform changes this Instagram account needs to be reconnected in order to continue updating. Reconnect on plugin Settings page

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.