Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロな銭湯

昭和から現在も残る昭和レトロな銭湯の紹介です

大阪市東成区 松の湯 路地の廃業商店街の中の昭和な銭湯

      2018/08/19


大阪市東成区の今里ロータリー近くの

今里新道商店街に入って行き今里Ⅰ番街に変わる頃

北側の通路にも商店街がある

但し商店街が並んでいるもののシャッターが降り

2度と店を開けることのない店舗ばかり

この昭和な食堂も営業することはもう無いかな

こういう食堂はおかずがたくさん並んでて

スポンサード リンク

好きなおかずとご飯と味噌汁で食べるようなシステムが多かった

理髪店は営業しているみたいだ

その隣にあるのが松の湯

屋号の看板は新しいから変えたのかな

玄関横には天然ヒマラヤイオウ岩塩の湯という看板もある

〒537-0012 大阪府大阪市東成区大今里2丁目29−18
営業時間 · 15時00分~0時0分
電話: 06-6971-4086

定休日は第一、第三、第五の日曜日

番台式、440円を払って

スポンサード リンク

脱衣場は禁煙で古いながらも明るくて綺麗な印象を受ける

浴場はそう大きくない

手前に深風呂、入ってみるとかなり熱い、見ると壁に高温風呂と書かれていた

その横に浅風呂と2つの超音波気泡ジェットバス、

これは中温風呂と書かれていて少し温め、その横に電気風呂

その横に水風呂、奥正面にサウナがある

バスタオル50円と書かれていたので有料かと思ったが無料みたいだ

サウナには有線か音楽が流れていた

たまたま古い曲、昭和世代には懐かしい井上陽水の傘がないがかかっていた

この曲当時は話題になったが現代のインターネットに当てはめると

釣りタイトルのような感じの曲かな?

最初に、「都会では自殺する若者が増えている」と

インパクトのある歌詞があって後半どういう歌詞になるのか期待させておいて

結局はまあそれはそれでと何でもない事の歌詞で終わる

まあ自分より少し上の世代だから当時は他に深い意味があったかもしれないが

サウナの横がガラス戸の密室になっていて

ここが玄関横の看板にあった天然ヒマラヤイオウ岩塩の湯

密室にすることで何か効果があるのかわからないが

ぬるめの湯でゆっくり浸かれた

夕暮れが訪れても銭湯の周りの商店街は

電気が灯る事は無く賑やかになることは無かった

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 昭和な銭湯 大阪市東成区